睡眠はとっても大切! 〜睡眠の効果とは〜

2020/10/03 ブログ

 

 

 

こんにちは!

新宿・西新宿のパーソナルジム k training×careの相原です!

 

 

 

 

 

10月に入りすっかり秋になってきましたね!

涼しく過ごしやすい季節になってきました!

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回は筋トレについて書きましたが、

今回はそれに関連して、「睡眠」について!

 

 

 

 

 

《食事・運動・睡眠》が身体には必要だと言われていて、その中の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは睡眠、取れていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が忙しくなかなか睡眠時間が取れない、

 

夜中まで遊んで睡眠時間が少ない、

 

夜なかなか寝付けなくて睡眠時間が短い、

 

 

 

 

などなど、様々あるかと思いますが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はなぜ睡眠が大事なのか、書いていきます!

 

 

 

 

 

●そもそも睡眠とは

 

●睡眠には種類がある

 

●人は寝ることで身体を休めることができる

 

●睡眠中には大事なホルモンが分泌している

 

●睡眠はヒトにとって重要である

 

 

 

 

 

 

 

●そもそも睡眠とは

 

 

まずは睡眠について。

 

 

そもそも睡眠とは、

 

“ 幅広い脊椎動物にみられる、自発的に生じる静的状態 “と定義されていて、

 

医学的には、

 

“ まず意識がない事 “とされています。

 

 

 

意識がなく、自発的に生じる静的状態が睡眠ということですね。

 

 

 

 

ヒトは人生の約3分の1を睡眠で過ごすと言われています。

 

 

ヒトはなぜ眠るのかというと、

 

身体と脳を休息させ、回復させるためです。

 

 

 

 

ある実験で、全く睡眠を取らせなかった動物は、最終的に死亡してしまったそうです。

 

 

それぐらい、動物(ヒト)にとって睡眠というのは生きていく上で重要なものなんです。

 

 

 

 

 

 

脳についてはまだ解明されていないことが多く、不明な部分がたくさんありますが、

 

身体と脳は休息を与えないと生きていくことができないのは確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●睡眠には種類がある

 

 

睡眠には種類があり、

 

 

・レム睡眠

 

・ノンレム睡眠

 

 

の2つに分かれます。

 

 

 

レム睡眠は、眠りが浅い状態。

 

この状態では主に脳の情報整理が行われているとされています。

なので脳が活発に働いている状態。

 

目がピクピク動いていたりするのはレム睡眠の状態です。

 

 

ノンレム睡眠は、眠りが深い状態。

この状態は身体と脳が休息をとっている状態で、疲労回復のために重要な時間とされています。

 

 

睡眠は、このレム睡眠とムンレム睡眠を交互に繰り返しています。

 

約90分の周期で、レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されて睡眠が行われているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●人は寝ることで身体と脳を休めることができる

 

 

では、なぜヒトは寝ると身体と脳を休められるのか。

 

これは自律神経が関与しています。交感神経と副交感神経ですね。

 

 

身体を動かす際は交感神経が優位に働くので、

ヒトは起きている間は基本的に交感神経がメインに働きます。

 

 

 

一方、睡眠時間は身体が動いていない状態。ノンレム睡眠中に関しては脳も動いていない休息の時間です。

この睡眠時間は副交感神経が優位に働きます。

 

 

 

 

睡眠時間では、

自律神経の副交感神経が優位に働くから、身体と脳を休めることができているんですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは、皆さんがどこかで聞いたことのある内容かと思います。

 

 

 

●睡眠中には大事なホルモンが分泌している

 

 

今回のブログで伝えたいことはこの部分!

 

 

睡眠中には大事なホルモンが分泌している!ということなんです!

 

 

 

 

 

「成長ホルモンが出るんでしょ。わかってるよ。」

 

 

 

 

 

という方もいるかと思いますが、、

実はそれだけではないんです!

 

 

 

成長ホルモンは確かに睡眠中に出るので間違いではないですが、

もう一つ、身体では大事なホルモンが睡眠中に出されます。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

✔️コルチゾール

 

 

というホルモン。

 

副腎から出されるこのホルモンは、起床時間の2時間前に分泌されるとされています。

 

 

 

 

このコルチゾールがなぜ大事なのかというと、コルチゾールの作用にあります。

 

 

このコルチゾール、

 

・糖質、脂質、タンパク質の代謝を促す

 

・炎症や免疫を抑制

 

・抗ストレス作用

 

・睡眠中のエネルギー補給

 

 

といった働きを身体でしてくれます。

 

 

 

三大栄養素の代謝を行ってくれて、睡眠中に糖質と脂質を使ってエネルギーを作り出している。

また免疫機能の働きを抑えてくれて、そしてストレスに対しても反応して助けてくれる。

 

とても優秀なホルモン。

 

 

 

 

こコルチゾールが過剰分泌、または全く分泌されない、状態になってしまうと、

身体の疲労感が抜けない、といった状態が起こってきます。

 

 

それは過剰分泌による副腎の疲労、

また全く分泌されないことによってホルモンの作用が発揮されない、

ことで疲労感が抜けないという状態になってしまうのです!

 

 

 

 

 

睡眠時間が不規則だったり、睡眠時間が不足するとこういったことが起こってきてしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

●睡眠はヒトにとって重要である

 

 

今回のブログで睡眠が身体にとって大事であるとお分かりいただけたでしょうか。

 

 

 

特に、ホルモンの観点からというのはなかなかないと思います。

 

睡眠は、

身体と脳に休息を与えるだけでなく、

大事なホルモンを分泌するのに大事な時間なんです。

 

 

 

 

 

身体と脳をしっかり休息させることは、より良い1日を過ごすことにつながります!

 

睡眠、しっかり取るようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑↑

こちらのQRコードよりLINEの友達追加ができます!

こちらより、当ジムへの連絡が可能となっています。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルジム k training×care @西新宿

 

☎️:050-3196-2421

🆔:@887qzove

✉️:k.training.care@gmail.com

URL:https://ktrainingcare.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー